ASKA事件 “第2の愛人”の出現で追い込まれる栩内被告

公開日:  更新日:

“二股不倫”発覚で、新たな展開となるか。

 愛人・栩内香澄美被告(37)の初公判で、“中出しセックス”を暴露されたASKA(56=本名・宮崎重明)被告に、25日、別の女がいたことが明らかになった。

「栩内被告とは02年に出会い、04年から交際がスタートしたが、“別の愛人”ともほぼ同時期に交際していたとみられている。しかも、この女は警視庁の任意の事情聴取に、ASKAと一緒に覚醒剤を使ったことを認めているようです」(捜査事情通)

 これが事実なら、“無罪”の流れもあった栩内被告の裁判に影響を与える可能性がある。

「別の愛人の存在がこの時期に公になったのは、裁判を有利に進めたい警察、検察側の思惑でしょう。栩内被告はASKAとの『避妊なしのセックス』と、2回目の毛髪検査『陰性』をタテに、無罪を主張している。ですが、ほぼ同時期に交際している別の女性がASKAに勧められて覚醒剤を使っていたとなれば、栩内被告に再び疑いの目が向けられますからね」(司法記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る