ASKA事件 “第2の愛人”の出現で追い込まれる栩内被告

公開日: 更新日:

“二股不倫”発覚で、新たな展開となるか。

 愛人・栩内香澄美被告(37)の初公判で、“中出しセックス”を暴露されたASKA(56=本名・宮崎重明)被告に、25日、別の女がいたことが明らかになった。

「栩内被告とは02年に出会い、04年から交際がスタートしたが、“別の愛人”ともほぼ同時期に交際していたとみられている。しかも、この女は警視庁の任意の事情聴取に、ASKAと一緒に覚醒剤を使ったことを認めているようです」(捜査事情通)

 これが事実なら、“無罪”の流れもあった栩内被告の裁判に影響を与える可能性がある。

「別の愛人の存在がこの時期に公になったのは、裁判を有利に進めたい警察、検察側の思惑でしょう。栩内被告はASKAとの『避妊なしのセックス』と、2回目の毛髪検査『陰性』をタテに、無罪を主張している。ですが、ほぼ同時期に交際している別の女性がASKAに勧められて覚醒剤を使っていたとなれば、栩内被告に再び疑いの目が向けられますからね」(司法記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る