• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

歯に衣着せぬ発言と美貌 久里千春「ニュー熟女スター」の予感

 現在、バラエティーの熟女枠といえば、デヴィ夫人、あき竹城、小川真由美、藤田紀子らが常連。そこへもう一人強烈なライバルが現れそうだ。かつて女優、声優、司会業とマルチに活躍した久里千春(76)だ。

 50代なら「トッポ・ジージョの恋人役」、40代なら「あばれはっちゃくのお母さん役」といえば分かるだろうか。これまで長い間、個人事務所で講演の仕事などを続けてきたが、このほど「オスカープロモーション」に移籍した。「オスカー」といえば米倉涼子、上戸彩ら売れっ子女優を多数抱える大手事務所で、各局に太いパイプを持っている。これからテレビに出る機会は格段に増えるはず。

 そうなれば久里の独壇場か。なにしろ、久里は最近、本紙の取材で「子宮」だの「肛門」だのの単語をポンポンと語っていた。御年76歳にしてこの美貌。発言とのギャップにクギ付けだ。常に新たなスターを求めているテレビ局が放っておくわけがない。近いうちにバラエティーの熟女枠が指定席になるのは確実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る