「CanCam」モデル山本美月に注がれる業界の冷ややかな目

公開日: 更新日:

 モデルで女優の山本美月(23)が6日、コンタクトレンズ「ワンデー アキュビュー ディファイン モイスト」のイメージキャラクター就任式に登場。すでに夏休みを取ったという山本は、「(地元の)福岡に2泊3日で帰りました。友達と海へ行ってスイカ割りをしたり、おいしいものを食べたりして楽しみました」と話した。

 山本は女優と「CanCam」専属モデルを兼業中。女優業ではドラマ「安堂ロイド」(TBS系)などに出演し、現在も「アオイホノオ」(テレビ東京系)でヒロインを演じるなど、活躍の場を広げている。一方、対照的なのがモデル業。「CanCam」では何度も表紙を飾る“エース”であり、成功者に見えるが、ファッション業界からの目は厳しいという。

「CanCamは全盛期を支えたエビちゃん(蛯原友里)を失い、売り上げがガタ落ち。そこで、山本を“第2のエビちゃん”にすべく、去年の10月号で『山本美月がモテる理由』と題した42ページの大特集を組んで、自宅の写真やエビちゃんとの対談も掲載。今では看板モデルとなっていますが、業界での評価は<エビちゃんほどのカリスマ性はない><どこか田舎っぽい>とさっぱり。シビアな目を向けられています」(ファッション誌関係者)

 いっそのこと女優一本に絞った方がいいかも?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る