「CanCam」モデル山本美月に注がれる業界の冷ややかな目

公開日: 更新日:

 モデルで女優の山本美月(23)が6日、コンタクトレンズ「ワンデー アキュビュー ディファイン モイスト」のイメージキャラクター就任式に登場。すでに夏休みを取ったという山本は、「(地元の)福岡に2泊3日で帰りました。友達と海へ行ってスイカ割りをしたり、おいしいものを食べたりして楽しみました」と話した。

 山本は女優と「CanCam」専属モデルを兼業中。女優業ではドラマ「安堂ロイド」(TBS系)などに出演し、現在も「アオイホノオ」(テレビ東京系)でヒロインを演じるなど、活躍の場を広げている。一方、対照的なのがモデル業。「CanCam」では何度も表紙を飾る“エース”であり、成功者に見えるが、ファッション業界からの目は厳しいという。

「CanCamは全盛期を支えたエビちゃん(蛯原友里)を失い、売り上げがガタ落ち。そこで、山本を“第2のエビちゃん”にすべく、去年の10月号で『山本美月がモテる理由』と題した42ページの大特集を組んで、自宅の写真やエビちゃんとの対談も掲載。今では看板モデルとなっていますが、業界での評価は<エビちゃんほどのカリスマ性はない><どこか田舎っぽい>とさっぱり。シビアな目を向けられています」(ファッション誌関係者)

 いっそのこと女優一本に絞った方がいいかも?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  7. 7

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る