日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「アイスバケツ」に冷や水 “バトン拒否”で男を上げた武井壮

 世界中で流行中の「アイスバケツ・チャレンジ」。徳洲会の徳田虎雄前理事長も発症した難病、筋萎縮性側策硬化症(ALS)の認知を高める目的で始められたチャリティー活動だ。

 これはソーシャルメディア上で指名された人が、24時間以内に氷水をかぶるか寄付するかを選択し、次の3人を指名するというもの。「不幸の手紙」の逆バージョンのようなこの活動が大ブレークし、米国ではレディ・ガガやビル・ゲイツ、スティーブン・スピルバーグら多くの著名人が氷水をかぶる動画を公開している。米ALS協会には7月29日からの3週間で1330万ドルの寄付金が集まった。前年同時期の寄付額は3万2000ドルだったというから、すごい宣伝効果だ。

 日本でも、アイスバケツの連鎖は急速に拡大していて、浜崎あゆみやAKB48の渡辺麻友と総合プロデューサーの秋元康氏、ソフトバンクの孫正義社長など有名人が挑戦。21日には、楽天の三木谷浩史社長やプロ野球解説者の古田敦也氏、作家の乙武洋匡氏らが集結し、氷水をかぶるイベントも開かれた。参加者は全員寄付を行った上でチャレンジを行った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事