どぶろっく“舌好調”も…「カミツキガメ騒動」質問に四苦八苦

公開日: 更新日:

 25日、お笑いコンビ「どぶろっく」がチャンネル銀河の中国歴史ドラマ「水滸伝」放送記念会見に登場した。

 ドラマの登場人物にちなんで、おなじみのフレーズで「もしかしてだけど~、下のヤリさばきもハンパないんじゃないの~」と熱唱。会場の笑いを誘うと、「ガッツリスケベ」の江口は「僕も下のヤリは毎日磨いているけど、切るタイミングがなかなか。イメージトレーニングはけっこうしてるんですけどねえ」と“舌好調”だった。

 しかし、6月に江口が自宅で特定外来生物のカミツキガメを無許可で飼育し、「外来種被害防止法違反」で罰金30万円の略式命令が下された騒動に触れると、表情は一変。報道陣から「胸毛がカメの甲羅みたい」とカメをにおわすツッコミを受けると、「甲羅があったら入りたいですね」と返すのが精いっぱい。「まだカメは飼っているんですか?」との問いには「いやいや、それはもう……」と言葉を濁して下を向いた。

 取材後の報道陣からは、「もしかしてだけど~、芸人なのにうまい返しを考えてなかったんじゃないの~? そういうことだろ!」なんて声も。流行語大賞を狙うなら、カミツキガメを笑いに変えなければ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  8. 8

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

もっと見る