• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

どぶろっく“舌好調”も…「カミツキガメ騒動」質問に四苦八苦

 25日、お笑いコンビ「どぶろっく」がチャンネル銀河の中国歴史ドラマ「水滸伝」放送記念会見に登場した。

 ドラマの登場人物にちなんで、おなじみのフレーズで「もしかしてだけど~、下のヤリさばきもハンパないんじゃないの~」と熱唱。会場の笑いを誘うと、「ガッツリスケベ」の江口は「僕も下のヤリは毎日磨いているけど、切るタイミングがなかなか。イメージトレーニングはけっこうしてるんですけどねえ」と“舌好調”だった。

 しかし、6月に江口が自宅で特定外来生物のカミツキガメを無許可で飼育し、「外来種被害防止法違反」で罰金30万円の略式命令が下された騒動に触れると、表情は一変。報道陣から「胸毛がカメの甲羅みたい」とカメをにおわすツッコミを受けると、「甲羅があったら入りたいですね」と返すのが精いっぱい。「まだカメは飼っているんですか?」との問いには「いやいや、それはもう……」と言葉を濁して下を向いた。

 取材後の報道陣からは、「もしかしてだけど~、芸人なのにうまい返しを考えてなかったんじゃないの~? そういうことだろ!」なんて声も。流行語大賞を狙うなら、カミツキガメを笑いに変えなければ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る