どぶろっく“舌好調”も…「カミツキガメ騒動」質問に四苦八苦

公開日:  更新日:

 25日、お笑いコンビ「どぶろっく」がチャンネル銀河の中国歴史ドラマ「水滸伝」放送記念会見に登場した。

 ドラマの登場人物にちなんで、おなじみのフレーズで「もしかしてだけど~、下のヤリさばきもハンパないんじゃないの~」と熱唱。会場の笑いを誘うと、「ガッツリスケベ」の江口は「僕も下のヤリは毎日磨いているけど、切るタイミングがなかなか。イメージトレーニングはけっこうしてるんですけどねえ」と“舌好調”だった。

 しかし、6月に江口が自宅で特定外来生物のカミツキガメを無許可で飼育し、「外来種被害防止法違反」で罰金30万円の略式命令が下された騒動に触れると、表情は一変。報道陣から「胸毛がカメの甲羅みたい」とカメをにおわすツッコミを受けると、「甲羅があったら入りたいですね」と返すのが精いっぱい。「まだカメは飼っているんですか?」との問いには「いやいや、それはもう……」と言葉を濁して下を向いた。

 取材後の報道陣からは、「もしかしてだけど~、芸人なのにうまい返しを考えてなかったんじゃないの~? そういうことだろ!」なんて声も。流行語大賞を狙うなら、カミツキガメを笑いに変えなければ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る