新たにCM5本内定 休養中の浅田真央「100億円」争奪戦

公開日: 更新日:

 5月に1年間の「休養宣言」をしたフィギュアの浅田真央を巡り、業界では熾烈な争奪戦が始まっている。大手芸能プロを筆頭にテレビ・キー局、電通、博報堂などの大手広告代理店が熱烈ラブコールを送っているのだ。それもそのはず、浅田が正式に引退しタレント業に転身した場合、この先10年間で約100億円以上を稼ぎだすといわれている。

「現在、彼女のCM出演数は佐藤製薬、伊藤ハムなど計5本。来春の卒業時には新たに計5本のCMが内定しています。CM出演料もハンパじゃない。1本当たり最低3000万円以上から。なかには5000万円以上のギャラを提示したスポンサーもいるようです」(芸能プロ関係者)

 こんな浅田を獲得すべく芸能プロやテレビ局が目の色を変えるのは分かるが、もう一人、意外な人物も参戦している。フィギュアからタレントに転身した安藤美姫だ。彼女が経営する個人事務所、「SORA」に浅田をスカウトしようとしているという。安藤と浅田といえば、これまで“犬猿の仲”として知られた2人だったが……。

「2人は最近、日本スケート連盟関係者の目を盗んで、頻繁に密会しているという話です。なんでも中京大学スケート部のある共通の先輩に安藤が仲立ちを頼んだそうです」(事情通)

 実は浅田も、タレントに転進した途端、超売れっ子になった安藤に興味津々だという。

 ひょっとしたら、かつての犬猿の仲もギャラをめぐっては「恩讐のかなた」になったり……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか