新たにCM5本内定 休養中の浅田真央「100億円」争奪戦

公開日:  更新日:

 5月に1年間の「休養宣言」をしたフィギュアの浅田真央を巡り、業界では熾烈な争奪戦が始まっている。大手芸能プロを筆頭にテレビ・キー局、電通、博報堂などの大手広告代理店が熱烈ラブコールを送っているのだ。それもそのはず、浅田が正式に引退しタレント業に転身した場合、この先10年間で約100億円以上を稼ぎだすといわれている。

「現在、彼女のCM出演数は佐藤製薬、伊藤ハムなど計5本。来春の卒業時には新たに計5本のCMが内定しています。CM出演料もハンパじゃない。1本当たり最低3000万円以上から。なかには5000万円以上のギャラを提示したスポンサーもいるようです」(芸能プロ関係者)

 こんな浅田を獲得すべく芸能プロやテレビ局が目の色を変えるのは分かるが、もう一人、意外な人物も参戦している。フィギュアからタレントに転身した安藤美姫だ。彼女が経営する個人事務所、「SORA」に浅田をスカウトしようとしているという。安藤と浅田といえば、これまで“犬猿の仲”として知られた2人だったが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る