「冬が来る前に」紙ふうせん 大学で教鞭をとっていた

公開日:  更新日:

「石油ストーブの芯を取り換え中に♪冬が来る前にきれいにしないとアカンなあってつぶやいたのが…」

 1970年代、「翼をください」で知られる伝説的フォークグループ「赤い鳥」で活躍。解散後は「冬が来る前に」「いかつり唄」などをヒットさせたデュオ「紙ふうせん」。後藤悦治郎、平山泰代夫妻の息の合った歌声は聴く人の心を震わせた。しかし、最近はあの絶妙なハーモニーを耳にする機会が減った。2人は今どうしているのか。

「『冬が来る前に』は冬に備え、主人がストーブを掃除してるとき、一瞬にしてできた詞なんです」
「アラジンの石油ストーブの芯を取り換え中に、♪冬が来る前にきれいにしないとアカンなあって何げなくつぶやいたのがきっかけで。曲もすぐつけられ、76年11月に発売されました」
「11月っていえば、東北や北海道はもう冬じゃないですか。ところが、その年は暖冬だったため、冬が来る前の状態が長く、それでみなさんの耳により浸透したんだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る