日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

宇多田ヒカルも失敗…Perfumeの全米進出は成功する?

 2008年からNHK「紅白」の常連になっている女性3人組ユニット・Perfumeが全米進出するのだとか。

 正確に言えば10月末から台湾・シンガポールなどを回る世界ツアーの一環として、米国も訪れるということらしいが、「全米進出」などと聞くと、J-POPファンどうにも心配になってくる。かつては松田聖子もピンク・レディーも宇多田ヒカルもみんな通った道だが、ことごとく失敗しているからだ。

 彼女たちは大丈夫か。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「過去に“全米進出”して成功した日本人は坂本九ぐらいでしょう。かつて『X JAPAN』が米国進出を目指したとき、ボクはたまたま近くで見ていましたが、彼らは米国に居を移し、スタジオも買って英語も本格的に勉強していた。そうした下準備に2年ぐらいかけて“いざ、進出”となったが、それでも小さな番組に呼ばれただけでした。ピンク・レディーも何回かテレビに出ましたが、水着で風呂に入れられるような役ばかりで、ほとんどイロ物扱い。彼女たちもそうならなければいいですが……」

 Perfumeは米国進出と同時に米国の老舗レーベルからCDも発売するという。もっとも、収録されているのは日本語の歌ばかりとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事