日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヒロインに初の外国人 NHK朝ドラ「マッサン」“奇策”の吉凶

 NHK朝ドラの恒例行事であるバトンタッチセレモニーが18日、NHK大阪放送局で行われた。

 来週27日に最終回を迎える「花子とアン」の吉高由里子(26)は、ドラマで共演している仲間由紀恵の結婚報道についてコメントを求められると「幸せになってほしいですね」とニッコリ。「(出演者の)みんながハッピーな現場でした」とも語った。

 大役を果たし、リラックスした様子の吉高から“朝の顔”を引き継ぐのは、「マッサン」(29日スタート)の玉山鉄二(34)とシャーロット・ケイト・フォックス(29)。同作はニッカウヰスキー創業者夫婦の奮闘ぶりが描かれる。

 朝ドラ91作目にして初の外国人ヒロインに抜擢されたのは、米ニューメキシコ州出身の既婚女優。5月のクランクイン以降、過酷な収録を実感したようで「(撮影が終了していて)ちょっとうらやましい。朝ドラ、とても、とてもタイヘン」と、慣れない日本語にも四苦八苦の様子だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事