美川憲一がモテモテ カラオケとLINEスタンプで人気再燃

公開日: 更新日:

 なぜか今、若者たちの間で美川憲一(68)がウケている。

 ひとつはカラオケの「あんた歌えんの!?」ゲーム。DAMのカラオケを導入している店に限るが、子機の「採点コンテンツ」から「あんた歌えんの!?」を選ぶと始まるもの。このバージョンで歌うと、画面に美川が現れ、卵からひよこにかえったり、画面いっぱいに美川の顔が映し出されたり、歌が音程から外れると、「あんた、しっかり歌いなさい!」と怒られたり……。あまりに調子っぱずれだと、強制終了になってしまうこともあるという。特に点数が出るわけではないのだが、この意味不明さが若者に受けているという。

 もうひとつはLINEの美川スタンプ。「やってみたらどれぐらい反応があるだろう?」と事務所が始めたもので、特に宣伝はしなかったそうだが、それでも美川お得意の「おだまり!」などのスタンプが口コミで広がり、スタンプの人気ランキング(クリエーターズ部門)で最高8位まで行ったというから驚きだ。

 美川に“免疫”のない若者たちはスッカリ魅入られている様子。この調子なら“若者推し”でNHK紅白復帰も案外、夢じゃない?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る