「真麻のパパ」高橋英樹の新境地は「日本史センセイ」路線

公開日:  更新日:

 若い人からすれば「真麻のパパ」のイメージが強い。俳優の高橋英樹(70)が意外なところで注目されている。きっかけは「NHK高校講座・日本史」(Eテレ)だ。AKB48の3人を相手に高橋が日本史の講師を務める番組で、放送は今春からやっているが、最近になって動乱の幕末期に入り、ちょうどヒット上映中の「るろうに剣心」の世界と重なり、「歴女」のハートを熱くしているのだ。

「高橋は知る人ぞ知る歴史オタク。お城フェチのうえに古地図研究家でもある。歴史小説にも造詣が深い。時代劇スターとして後進に伝えることが自分の使命と考えており、熱心そのもの。歴史的人物にまつわる場所を率先して訪ねるなど日頃の努力を惜しまず、ウンチクも半端ない。重要ポイントを挙げて簡潔に説明するため、視聴者にも分かりやすいと好評です」(テレビ雑誌記者)

 今年8月には3冊目の著書「高橋英樹のおもしろ日本史」(KKベストセラーズ)が歴史書として高い評価を受け、第2回野村胡堂文学賞特別賞を受賞した。月刊誌「歴史人」で2年半にわたって連載した「高橋英樹の歴史通」を大幅加筆した単行本だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る