「真麻のパパ」高橋英樹の新境地は「日本史センセイ」路線

公開日:  更新日:

 若い人からすれば「真麻のパパ」のイメージが強い。俳優の高橋英樹(70)が意外なところで注目されている。きっかけは「NHK高校講座・日本史」(Eテレ)だ。AKB48の3人を相手に高橋が日本史の講師を務める番組で、放送は今春からやっているが、最近になって動乱の幕末期に入り、ちょうどヒット上映中の「るろうに剣心」の世界と重なり、「歴女」のハートを熱くしているのだ。

「高橋は知る人ぞ知る歴史オタク。お城フェチのうえに古地図研究家でもある。歴史小説にも造詣が深い。時代劇スターとして後進に伝えることが自分の使命と考えており、熱心そのもの。歴史的人物にまつわる場所を率先して訪ねるなど日頃の努力を惜しまず、ウンチクも半端ない。重要ポイントを挙げて簡潔に説明するため、視聴者にも分かりやすいと好評です」(テレビ雑誌記者)

 今年8月には3冊目の著書「高橋英樹のおもしろ日本史」(KKベストセラーズ)が歴史書として高い評価を受け、第2回野村胡堂文学賞特別賞を受賞した。月刊誌「歴史人」で2年半にわたって連載した「高橋英樹の歴史通」を大幅加筆した単行本だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る