「自分たちは特別」…木村カエラを救ったパフィー亜美の助言

公開日:  更新日:

 デビュー10周年を迎えた歌手の木村カエラ(30)が7日、モデルの秋元梢(27)がナビゲーターを務めるJ―WAVEのラジオ番組「TOKYO NEWEDGE」に登場した。

 プライベートでも親交があるという2人はファッションの話などで大盛り上がりだったが、興味深かったのは木村が自身のプライバシーについて語ったくだりだ。

 デビュー当時から奇抜な髪形やファッションで目立ちまくりだったカエラは、街中だけでなく食事中まで指をさされたりすることで、全員が自分を見ているような強迫観念に駆られるほど追い込まれたという。いわゆる「芸能人とプライバシー」の問題だが、そんな悩めるカエラを救ったのがパフィーの大貫亜美(41)だった。

 カエラがある年の所属事務所の忘年会で亜美に会った際、プライバシー問題について相談したところ、「気にすることないよ。自分たちは特別なんだと思えばいい。特別にかわいい洋服を着たり、特別なステージに立てるのも特別な存在だから。特別なことができるんだから、そんなことは『我慢』」と力強く言われたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る