日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画初主演 AKINAが語る満島ひかりと夫・ビビる大木

 飽食の現代社会に警鐘を鳴らすテーマ性の深さで、大人の視聴者を巻き込んで大ブレークした沖縄発のヒーロードラマが、劇場版「ハルサーエイカー THE MOVIE エイカーズ」として全国公開される。今回が映画初主演となるAKINAがその意気込みを語った。

「とくに気負いはなかったんです。普段からどんな小さい役でも、自分の中では主演だと思ってやっていたので。それどころか仕事を終えた帰り道でも、夜の街灯がスポットライトに見えて、思わず『雨に唄えば』みたいに踊りだしたくなる瞬間があるくらい。小学生から(『Folder』のメンバーとして)仕事をしていた強みで、自分の中ではオンとオフの区別さえほとんどないんですよ」

 満島ひかりらFolder5時代のメンバーとは今も仲がよく、ときには仕事の話や演技ついて話すこともある。けれど、どんな演技にも結局のところ「正解はない」と語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事