「AneCan」専属に抜擢 神風吹いた磯山さやかの賞味期限

公開日:  更新日:

 ファッション誌「AneCan」の専属モデルに起用された。蛯原友里、押切もえら小顔・長身・美脚モデルが勢揃いする人気誌である。身長155センチ、B88・W60・H86のぽっちゃりボディーで三十路の磯山には無縁の世界のはずだった。ところが、昨年10月号の「ぷにぷに“肉”ニット」企画で、“肉”モデルとして初登場したところ、大反響。読者アンケートで断然の1位を獲得したのだから世の中わからない。

 そこで急きょ、同誌初の“専属ぷにモデル”として、発売中の1月号からお目見えしたというわけだ。「AneCan」公式サイトの動画では、自身のグラビアに思わず「きれい!」を連発する磯山の姿が。これまで「ロンハー」などで“イソえもん”とイジられ、散々ネタにされてきただけに、マネジャーから専属契約の話を聞かされても、編集長から直々に説明されても、カメラマンに撮影されている最中でさえ、ドッキリ企画と信じて疑わなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る