漫才コンビ・三拍子の貧乏時代は「女性と住まい」で正反対

公開日: 更新日:

高倉 なのに、うちの嫁は浪費癖がすごくて(笑い)。家賃十数万円のマンションに越した時は嫁が大家さんとケンカして「もうヤだ、引っ越す!」と、また引っ越すし。僕も嫁に対して悪いところがあったけど、仕事がなくなって、ギャラは減ってるのにギャラ分、外食して。嫁も働かなかったのに。結局、離婚しました。その後はバイト生活です。

久保 僕はアナウンス学院時代から付き合っていた彼女の実家が東京で、僕の部屋から近かった。それでお金がないときは実家でご飯を食べさせてもらいました。そのうちギャラが減り、家賃が払えなくなったタイミングで、彼女のお母さんが昔、住んでた団地の一部屋を買い取って、「家賃要らないから、住む?」と言ってくれた。もちろんすぐに引っ越しました。家賃要らないから、バイトせずに生きていけた。

■チラシ配りのバイトで指差され…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    小室圭さんはなぜ嫌われる?上からも下からも批判の大合唱

  3. 3

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  4. 4

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  5. 5

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  6. 6

    解散・総選挙で自民50議席減 単独過半数割れの衝撃データ

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    眞子さま大学選びは失敗か 学習院なら小室さんは接近ムリ

  9. 9

    大島優子は名脇役に成長 今や元AKB48で一番の「勝ち組」に

  10. 10

    広瀬すず&橋本環奈 不仲説を囁かれた二人が急接近した理由

もっと見る