鈴木京香がネットカフェ初体験 「空き時間に行ってみたい」

公開日: 更新日:

 現実から逃避しようとして家を捨てて、旅に出る――。

 いわゆるロードムービーはドラマ、映画の定番のひとつだが、これに鈴木京香(46)が挑戦する。家族に疎外されている専業主婦・朋美を演じるNHK―BSプレミアムドラマ「だから荒野」(11日スタート・全8回/桐野夏生原作)。一家で食事に出かけ、そこでバカにされた朋美がブチ切れて、車を西に走らせるストーリーだ。

 その道中で出会った女性に財布を取られ、トラックの運転手には「アンタ、いくら」と声を掛けられ、屈辱を味わう。絶望し、雨に濡れてヤケになっているところに老人と青年が現れ、成り行きで彼らと長崎に流れていくが、だれもが心に“荒野”を抱えていた――。

 鈴木京香はこのドラマについてこう語る。

「“荒野”とかロードムービーというフレーズは男性のテーマと思っていたので、主婦がやるミスマッチが面白いと思います。どこに進むかわからない局面にポーンと置かれて、居場所についてやっと気がつくけど、朋美は“荒野”において一番必要な“水”は何か、どこにあるのかわからずにオロオロ迷っている女性です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

  10. 10

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

もっと見る