全員ノーダメージも…日テレ内定取り消し騒動の“損得勘定”

公開日:  更新日:

 女子アナ採用の内定取り消しから裁判で和解して一転、採用へ――。前代未聞の日本テレビと笹崎里菜さん(22)の騒動はなんのことはない、元のさやに収まった。興味はこの損得勘定だ。

 まず晴れて、採用となる笹崎さん。日テレの人気アナといえば、水卜麻美だが、この間の騒動で水卜ちゃん以上に注目され、知名度は一気に全国区。内定取り消しの理由は「ホステスのアルバイト歴は清廉性に欠ける」というもので、まるで時代錯誤の“傷物扱い”。本人も落ち込んだに違いないが、今後はバラ色の未来となるのか。

 元フジテレビの長谷川豊氏がこう言う。

「15年入社組ではダントツの人気で、こんなに注目された新人はこれまでいません。日テレには民放でナンバーワン人気の水卜アナもいるし、女子アナといえば、フジの牙城でしたが、それが日テレに移るかもしれません。ただ、マイナス面もあることは頭に入れておく必要があります。新人は当然だけど実力なんかない。人気先行で勘違いすると社内的にピンチになるかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る