• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全員ノーダメージも…日テレ内定取り消し騒動の“損得勘定”

 女子アナ採用の内定取り消しから裁判で和解して一転、採用へ――。前代未聞の日本テレビと笹崎里菜さん(22)の騒動はなんのことはない、元のさやに収まった。興味はこの損得勘定だ。

 まず晴れて、採用となる笹崎さん。日テレの人気アナといえば、水卜麻美だが、この間の騒動で水卜ちゃん以上に注目され、知名度は一気に全国区。内定取り消しの理由は「ホステスのアルバイト歴は清廉性に欠ける」というもので、まるで時代錯誤の“傷物扱い”。本人も落ち込んだに違いないが、今後はバラ色の未来となるのか。

 元フジテレビの長谷川豊氏がこう言う。

「15年入社組ではダントツの人気で、こんなに注目された新人はこれまでいません。日テレには民放でナンバーワン人気の水卜アナもいるし、女子アナといえば、フジの牙城でしたが、それが日テレに移るかもしれません。ただ、マイナス面もあることは頭に入れておく必要があります。新人は当然だけど実力なんかない。人気先行で勘違いすると社内的にピンチになるかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る