日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

桜井翔と熱愛否定も…堀北真希“まっしろ”卒業で狙う女王の座

 芸能界でポスト米倉涼子、ポスト仲間由紀恵の座をめぐる、新たな「ドラマ女王」の称号争奪戦が勃発している。

 その最右翼といわれるのが正統派女優路線をひた走る堀北真希(26)だ。その堀北が看護師の役づくりのために髪を20センチ近くバッサリと切って臨んだのが13日スタートのドラマ「まっしろ」(TBS系)。ところが初回視聴率は7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)と低迷。裏番組の草彅剛主演「銭の戦争」(フジテレビ系)の14.1%に大きく水をあけられてしまった。

「TBSは『まっしろ』に力を入れていて、放映前に堀北はじめ看護師役の豪華女優陣を次々に番宣に投入していたにもかかわらず、10%に届かない大惨敗。人気脚本家を立てて勝負に出ただけにショックを受けている」(テレビ局関係者)

 唯一の弱点とされた「色気」も克服しつつある。昨年主演した松本清張ドラマ「霧の旗」(テレビ朝日系)では、胸の開いた真っ赤なドレス姿のキャバ嬢や、黒い下着でのベッドシーンもこなした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事