元「おニャン子」宮野久美子さんは愛知で結婚式司会者に転身

公開日: 更新日:

「『おニャン子』をやめて愛知にUターンしてから、名古屋グランパスエイトを応援するスポーツ情報番組『グランパスExpress』の司会やリポーターを5年ほど担当してました。それで現場の仕切りは得意なんです。“宮野さんに依頼して良かった”とお2人のご家族の方々にお褒めの言葉をちょうだいした時は、司会者冥利に尽きますね」

■母親は芸能界入りに猛反対

 さて、宮野さんは中学3年生だった86年8月に「夕やけニャンニャン」とのタイアップで行われた「ミス・セブンティーンコンテスト」で特別賞を受賞。おニャン子クラブの中学生版ユニット「おニャン子クラブB組」3番に抜擢された。

「芸能界入りに猛反対する母を説得するために、フジテレビの担当の方が何度も実家に足を運んで説得して下さいました。結局、母はしぶしぶ認めてくれ、勉強をおろそかにしたら即引退! の条件付きで上京したんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る