元テレ朝アナ銅谷志朗さん 67歳夫人の急死で茫然自失だった

公開日: 更新日:

“スージョ”なる相撲大好き女子も現れ、相撲人気の回復が伝えられるが、そこで思い出すのがテレビ朝日の「大相撲ダイジェスト」だ。生実況を見られない、大相撲ファンのサラリーマンの熱い支持を集めた。きょう登場の銅谷志朗さん(70)は同番組の名司会者として知られた。今どうしているのか。

 会ったのはJR上野駅前にある喫茶店。

「実は2年前に妻を亡くしてね。それまでは上野に住んでたんだけど、松戸に引っ越しました。妻との間には子供はおらず、ひとり暮らしをしてます。恥ずかしながら、ボクはそれまで家で何もしなかった。妻が料理上手だったせいか、料理はもちろん、ゴミ出しもやったことがなかったんです。そのため、もう本当に困って困って……」

 銅谷さんは、そこまで一気に話した。70歳とは思えないほど若々しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  5. 5

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  6. 6

    杉尾氏の質問に時間稼ぎ答弁 優秀な官僚はトップと同質化

  7. 7

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  8. 8

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    西村大臣ブレブレ…コロナ感染「徹底対策」の空虚な説得力

もっと見る