ネパール生まれの「歌ネタ王」 手賀沼ジュンの“最重要課題”

公開日: 更新日:

 昨年9月に行われた「歌ネタ王決定戦2014」で1069組の歌ネタ芸人の頂点に立ったのが、この日がテレビ初出演のミュージシャン兼ピン芸人の手賀沼ジュン。「安倍にニベア」「徳川Gackt」など有名人を題材にした「回文」を歌詞にした演歌調の歌に独特なイラストを交えたネタでトップに立ち、決勝戦では、ヒップホップ調で「氷室、ケツにつけろ、ムヒ」などと歌い上げ、600点満点中587点を獲得して優勝した。

 早大時代の01年に小島よしおやかもめんたるの2人らとコントグループ「WAGE」を結成し活動をスタート。06年に方向性の違いからグループを解散。手賀沼はミュージシャン転向を宣言し、芸能事務所に所属して独自の音楽活動を続けていた。とはいえ、本業では月収3万円、時給1300円のコールセンターのアルバイトを週4回、夜な夜なバーテンダーとしても働き続ける生活で、本人も「ツイてない人生」と振り返っている。給料を手渡してもらった日に財布をなくし、呆然と駅に着いたら自転車まで盗まれていたこともあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る