ネパール生まれの「歌ネタ王」 手賀沼ジュンの“最重要課題”

公開日:  更新日:

 昨年9月に行われた「歌ネタ王決定戦2014」で1069組の歌ネタ芸人の頂点に立ったのが、この日がテレビ初出演のミュージシャン兼ピン芸人の手賀沼ジュン。「安倍にニベア」「徳川Gackt」など有名人を題材にした「回文」を歌詞にした演歌調の歌に独特なイラストを交えたネタでトップに立ち、決勝戦では、ヒップホップ調で「氷室、ケツにつけろ、ムヒ」などと歌い上げ、600点満点中587点を獲得して優勝した。

 早大時代の01年に小島よしおやかもめんたるの2人らとコントグループ「WAGE」を結成し活動をスタート。06年に方向性の違いからグループを解散。手賀沼はミュージシャン転向を宣言し、芸能事務所に所属して独自の音楽活動を続けていた。とはいえ、本業では月収3万円、時給1300円のコールセンターのアルバイトを週4回、夜な夜なバーテンダーとしても働き続ける生活で、本人も「ツイてない人生」と振り返っている。給料を手渡してもらった日に財布をなくし、呆然と駅に着いたら自転車まで盗まれていたこともあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る