ネパール生まれの「歌ネタ王」 手賀沼ジュンの“最重要課題”

公開日: 更新日:

 昨年9月に行われた「歌ネタ王決定戦2014」で1069組の歌ネタ芸人の頂点に立ったのが、この日がテレビ初出演のミュージシャン兼ピン芸人の手賀沼ジュン。「安倍にニベア」「徳川Gackt」など有名人を題材にした「回文」を歌詞にした演歌調の歌に独特なイラストを交えたネタでトップに立ち、決勝戦では、ヒップホップ調で「氷室、ケツにつけろ、ムヒ」などと歌い上げ、600点満点中587点を獲得して優勝した。

 早大時代の01年に小島よしおやかもめんたるの2人らとコントグループ「WAGE」を結成し活動をスタート。06年に方向性の違いからグループを解散。手賀沼はミュージシャン転向を宣言し、芸能事務所に所属して独自の音楽活動を続けていた。とはいえ、本業では月収3万円、時給1300円のコールセンターのアルバイトを週4回、夜な夜なバーテンダーとしても働き続ける生活で、本人も「ツイてない人生」と振り返っている。給料を手渡してもらった日に財布をなくし、呆然と駅に着いたら自転車まで盗まれていたこともあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る