ネパール生まれの「歌ネタ王」 手賀沼ジュンの“最重要課題”

公開日:  更新日:

 昨年9月に行われた「歌ネタ王決定戦2014」で1069組の歌ネタ芸人の頂点に立ったのが、この日がテレビ初出演のミュージシャン兼ピン芸人の手賀沼ジュン。「安倍にニベア」「徳川Gackt」など有名人を題材にした「回文」を歌詞にした演歌調の歌に独特なイラストを交えたネタでトップに立ち、決勝戦では、ヒップホップ調で「氷室、ケツにつけろ、ムヒ」などと歌い上げ、600点満点中587点を獲得して優勝した。

 早大時代の01年に小島よしおやかもめんたるの2人らとコントグループ「WAGE」を結成し活動をスタート。06年に方向性の違いからグループを解散。手賀沼はミュージシャン転向を宣言し、芸能事務所に所属して独自の音楽活動を続けていた。とはいえ、本業では月収3万円、時給1300円のコールセンターのアルバイトを週4回、夜な夜なバーテンダーとしても働き続ける生活で、本人も「ツイてない人生」と振り返っている。給料を手渡してもらった日に財布をなくし、呆然と駅に着いたら自転車まで盗まれていたこともあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る