執筆依頼続々 本上まなみが獲得した「最強文化系ママ」の称号

公開日:  更新日:

 まるで我が子に語りかけるような優しい「ママ」の表情を見せたのは、本上まなみ(39)。女優に加え、今ではすっかりエッセイストの肩書も板についた。

 29日の「第3回角川つばさ文庫小説賞」贈呈式には選考委員として出席。「いずれも力のある作品で、面白く楽しく読ませてもらいました。身が引き締まる思いでした」と、表情豊かな笑顔で一般部門の総評をまとめていた。中学生以下のこども部門受賞者をはじめ、会場内に集まった多くの児童らを意識した分かりやすい挨拶も、自然だったのは8歳の長女と1歳の長男、2人の子育てに奮闘中の母ならではだろう。

「本上さんご本人が読書家であるのと同時に、お嬢さんも本が大好きだそうです。読み聞かせをたくさんなさっているのでしょう。全3回のいずれの選考もお母さん目線で愛情たっぷりの寸評をいただいています」(角川つばさ文庫の服部圭子編集長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る