執筆依頼続々 本上まなみが獲得した「最強文化系ママ」の称号

公開日: 更新日:

 まるで我が子に語りかけるような優しい「ママ」の表情を見せたのは、本上まなみ(39)。女優に加え、今ではすっかりエッセイストの肩書も板についた。

 29日の「第3回角川つばさ文庫小説賞」贈呈式には選考委員として出席。「いずれも力のある作品で、面白く楽しく読ませてもらいました。身が引き締まる思いでした」と、表情豊かな笑顔で一般部門の総評をまとめていた。中学生以下のこども部門受賞者をはじめ、会場内に集まった多くの児童らを意識した分かりやすい挨拶も、自然だったのは8歳の長女と1歳の長男、2人の子育てに奮闘中の母ならではだろう。

「本上さんご本人が読書家であるのと同時に、お嬢さんも本が大好きだそうです。読み聞かせをたくさんなさっているのでしょう。全3回のいずれの選考もお母さん目線で愛情たっぷりの寸評をいただいています」(角川つばさ文庫の服部圭子編集長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る