おネエ系モデルIVAN “速水もこみち元カレ説”に不敵笑み

公開日: 更新日:

 おネエはおネエでも、パリコレ経験者のモデルとあって、美意識は半端ない。実際、本場のプレイボーイバニーと並んでも“彼女”の肌は遜色なく奇麗だった……。

 おネエ系モデルのIVAN(31)が昨2日、リフトアップ美容液「PLAYBOY AGARU SERUM」新作発表会に登場。「エイジレスっていうのは、セックスレスにも通じるのよ。トシ取ると男性はね、おでこのシワができやすいからこの美容液をたっぷりとつけるといいわ。私はお尻にも塗ってるけどツルッツル。ハリも違うわよ!」と、まくしたてながら商品をPRした。

 スペインと日本人のハーフである父とメキシコ人の母を持つ。ご覧のとおり、日本のDNAをみじんも感じさせない外見だが、実は、最後の晩餐は「サバの塩焼き」を公言する大の和食党だったりする。

 一昨年末にカミングアウトして以来、歯に衣着せぬトークでバラエティー番組の出演が急増中。この日の囲み取材では、IVAN本人による過去の暴露トーク――有名俳優と付き合っていたというエピソードが引き金となり、報道陣からはネット上で臆測が飛び交っている、速水もこみち(30)が元カレではないかという質問がブツけられた。

「え~、その噂は的外れ? でも、どうだろ~、ウフッ、ウフフ」

 ま、どっちでもいいか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る