おネエ系モデルIVAN “速水もこみち元カレ説”に不敵笑み

公開日:  更新日:

 おネエはおネエでも、パリコレ経験者のモデルとあって、美意識は半端ない。実際、本場のプレイボーイバニーと並んでも“彼女”の肌は遜色なく奇麗だった……。

 おネエ系モデルのIVAN(31)が昨2日、リフトアップ美容液「PLAYBOY AGARU SERUM」新作発表会に登場。「エイジレスっていうのは、セックスレスにも通じるのよ。トシ取ると男性はね、おでこのシワができやすいからこの美容液をたっぷりとつけるといいわ。私はお尻にも塗ってるけどツルッツル。ハリも違うわよ!」と、まくしたてながら商品をPRした。

 スペインと日本人のハーフである父とメキシコ人の母を持つ。ご覧のとおり、日本のDNAをみじんも感じさせない外見だが、実は、最後の晩餐は「サバの塩焼き」を公言する大の和食党だったりする。

 一昨年末にカミングアウトして以来、歯に衣着せぬトークでバラエティー番組の出演が急増中。この日の囲み取材では、IVAN本人による過去の暴露トーク――有名俳優と付き合っていたというエピソードが引き金となり、報道陣からはネット上で臆測が飛び交っている、速水もこみち(30)が元カレではないかという質問がブツけられた。

「え~、その噂は的外れ? でも、どうだろ~、ウフッ、ウフフ」

 ま、どっちでもいいか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る