紛失の財布が手元に エスパー伊藤のカネを呼び込む“超能力”

公開日:  更新日:

 やっぱりこの人はカネに好かれている。自称「結婚式余興芸人」のエスパー伊東(55)が、8日、自らのブログで、数日前に落とした財布が手元に戻って来たことを報告した。財布の中身(現金1万2000円と金運の護符)はそのままだったという。

 この人、ちょっと前にはテレビ露出が少なくなった今でも年収2000万円あることが話題になった。さらに、過去にホスト経験があり、「多い時はタニマチから400万円ゴチになったこともある」と告白していた。

 芸といえばボストンバッグに入って登場するぐらい。それでも、こんなに金に縁があるのはなぜなのか。

「1回のギャラが安いこともありますが、人柄が好かれているのも大きな要素です。実はカネにあまり執着するタイプではなく、儲けたカネで、公園のホームレスにごちそうすることも度々だといいます。こうした行為が一部のコアなファンに支持されている。その証拠にエスパーのブログには、似たような境遇にあるダンディ坂野のブログよりも倍近い読者(5198人。ダンディは2828人)がついています」(プロダクション関係者)

「芸は身を助く」ならぬ「人柄が身を助く」か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る