斎藤工は心配するが…「一発屋俳優」評論家が挙げたあの名前

公開日:  更新日:

「昼顔」や「医師たちの恋愛事情」で人気絶頂の斎藤工(33)が意外や、自分の将来に不安を感じているという。「昼顔」での“壁ドン”があまりに有名になり過ぎたため「このままだと一発屋俳優になってしまうのでは?」というわけだ。

 実際、「さんまのまんま」や「ヨルタモリ」などで同様の発言を繰り返している。さすが、売れっ子、「一発屋芸人」になぞらえて「一発屋俳優」とはうまいネーミングだが、そういわれてみれば、これまで一発屋俳優っていたっけ?

「オダギリジョーや佐藤健、福士蒼汰らを輩出している『仮面ライダー・シリーズ』を細かく見ていくと、その後名前を聞かない俳優はたくさんいますね。『龍騎』を演じた須賀貴匡、『オーズ』の渡部秀、『ウィザード』の白石隼也あたりは、その後活躍しているのかどうか。古いところではトレンディードラマ『東京Xマス・ラブウォーズ』で主演を張った風間トオルも最近、主演ドラマは見ませんね」(ドラマウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る