ドラマ「ダークスーツ」主演 斎藤工が魅せる“遅咲きの華”

公開日: 更新日:

 今後の展開が気になる初回であった。22日に始まったNHK土曜ドラマ「ダークスーツ」(21時~、全6回)。13年連続のネクストブレーク俳優に選ばれ続けたものの、ドラマ「昼顔」の好演もあってめでたく卒業。今では一、二を争う旬の俳優となった斎藤工(33)が主人公の企業ドラマだ。

 日系の総合電機メーカーで働くヒラ社員が、企業再生を目指し、裏金工作で結託する取締役たちに挑むというオリジナル脚本の物語――。と、まあ、あらすじをさらうと過去に放送された「メイドインジャパン」や「七つの会議」といった、ゴリゴリの硬派なテイストかと思いきや、ノー。コラムニストの桧山珠美氏は「『半沢直樹』の続編が待ちきれない人にもうってつけ」と、こう続ける。

「半沢以外にも『ルーズヴェルト・ゲーム』や島耕作シリーズのような劇場型の要素を兼ね備えた作品。22日の放送回では、外様社長が突然解任に至った経緯などが丁寧に描かれず、食い足りない印象がありますが、面白みは十分にあった。見る側の気持ちがドンヨリしない大衆向けの社会派ドラマ。NHKとしては新しい取り組みで、斎藤クンのスーツ姿をお目当てとする女性視聴者も増えそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る