日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

枡田アナとの甘い生活が原因? 広島・堂林の不振に心配の声

 人気女子アナとの結婚がプレッシャーになったのか――。最下位にあえぐ広島カープのなかでも、大スランプに陥っている堂林翔太内野手(23)。代打生活が続き、打率.158と低迷から抜け出せない。

 不振の一因として、多くのファンが不安視するのが、昨年12月に結婚したTBSの枡田絵理奈アナ(29)との“甘い新婚生活”だ。

 堂林は、2012年に144試合に出場して14本塁打を放ち、鯉打線の若きホープとして期待された。しかし、年を追うごとに成績は落ち込み、今年のオープン戦も14打数1安打と不調で、開幕2軍スタートに。

 チームの打線不振が続いたことで急きょ1軍に招集されたが、目立った活躍ができないまま、打率は1割台に低下している。1軍に帯同しても代打生活が続き、最後に安打を記録したのは先月26日の阪神戦。再び2軍落ちを通達されても不思議ではない状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事