NHK“20時ドラマ”で大河を食った時代劇「かぶき者慶次」の魅力

公開日:  更新日:

 NHKの20時台には大河のほかに、「かぶき者慶次」という時代劇がある。こちらのほうが視聴率イマイチの「花燃ゆ」よりおもしろいのではないか。

 関ケ原の戦いから8年後、主演・藤竜也が演じる慶次を中心とした家族を描く“時代ものホームドラマ”といった感じだ。慶次が朝食に鮭を焼いてたり、寺の和尚(伊武雅刀)と縁側でノンキに碁を打っていたりと、大河ではありえないほのぼのとしたシーンが多い。ドジって「申し訳ない」なんて謝る慶次のダメ親父ぶりもいい。

 娘の佐乃役は西内まりや(同左)。せりふ回しはまだ発展途上だが、着物姿がかわいくて、兄・新九郎(中村蒼)の親友との恋愛話がラブコメとして楽しめる。

 しかし、笑いだけではない。ひとり息子の新九郎は実は石田三成の遺児で、その隠された事実を暴こうとする側との情報戦が回を追うごとに緊迫している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る