• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラマに協力の和田秀樹医師が語る「Dr.倫太郎」の完成度

 29日放送の3回目まで連続で視聴率13%超をマーク。堺雅人(41)主演の「Dr倫太郎」(日本テレビ系、水曜22時~)は、オトナの視聴にも堪えうる良質なドラマだと評判がすこぶるいい。

 大学病院に勤める精神科医が主人公の物語だが、驚くのはドラマ制作に携わる医療関係者の数。精神科の医療監修だけでも3人の有名な大学教授が名を連ね、ほかにも心理療法指導や外科医療監修、看護指導など計8人。ひとつのドラマにこれだけの専門家が関わるのは異例である。「病院や関連団体から抗議が殺到した芦田愛菜主演の“明日ママ”以降、コンプライアンスの徹底ぶりは凄まじい」(日テレ関係者)というから、二の舞いを避けるべく万全の態勢で臨んだというわけだ。

 いま日本の精神医学の主流は脳のメカニズムを研究し、薬物治療を行う『生物学的精神医学』で、カウンセリングを重視し、ものの見方を変えていく『人間学的心理学』と呼ばれる治療法は傍流だという。同ドラマでは相反する治療方針を掲げる医師同士の対立も描かれていて、長塚圭史(39)演じる宮川主任教授が前者で、堺演じる日野倫太郎が後者の治療スタイルだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る