病と闘いながらヒット連発 脚本家・北川悦吏子の波乱の半生

公開日: 更新日:

 1961年、岐阜県美濃加茂市出身。県立加茂高校を卒業し、早稲田大学第一文学部に進んだ。地元の信用金庫に勤める父は上京に反対だったが、「4年で戻る」との誓約書を書いて東京行きを許された。しかし、大学卒業時、広告代理店に就職し、父との約束を反故にした。広告代理店ではコピーライター志望だったが、雑用の毎日に嫌気し、すぐに「にっかつ撮影所」に転職、勤務しながら脚本の勉強をした。

 脚本家としてのデビュー作は89年の「赤い殺意の館」(テレビ東京系)。91年には「ズンドコベロンチョ」(フジテレビ系)も発表している。後の形容詞“恋愛ドラマの神様”とは似ても似つかぬタイトルだが、これでチャンスをつかみ、翌92年には“月9”ドラマ「素顔のままで」を手掛けることになった。安田成美と中森明菜ダブル主演で話題を呼んだ作品で、最終回の視聴率は31・9%をマークした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る