病と闘いながらヒット連発 脚本家・北川悦吏子の波乱の半生

公開日: 更新日:

 その後はトントン拍子。石田ひかり主演の「あすなろ白書」(93年)、キムタクと山口智子がタッグを組んだ「ロングバケーション」(96年、いずれもフジテレビ系)、キムタクと常盤貴子の「ビューティフルライフ」(00年、TBS系)とヒットを飛ばし続けた。「ビューティフルライフ」の最終回視聴率41.3%は、その後、13年に「半沢直樹」に塗り替えられるまで、平成に入ってからの民放ドラマの記録になっていた。同ドラマで向田邦子賞、橋田賞をダブル受賞した。

 こうした栄光に包まれながら、プライベートでは病魔と闘ってきたことになる。もともと体は弱い方で、16歳の時には「腎臓の病で子供の産めない体」と宣告されていた。93年に通信社勤務の男性と結婚したが、もちろん子供を持たないことが前提だった。ところが、97年、思いがけず妊娠、出産した。

 難病が発覚したのは99年。闘病についてはこれまでもメディアにオープンにしていたが、病名だけは伏せていた。それを今回発表したのは、それだけ病状も気持ちも落ち着いてきたからなのか。

 本業の方は10年の「素直になれなくて」(TBS系)以来、連続ドラマからは遠ざかっていた。

 何もかも打ち明けた北川に、ファンは次の恋愛ドラマを待っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る