日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北川景子は「カフェカー」で話題 芸能人の“太っ腹”差し入れ伝

 女優の高岡早紀(42)が29日のブログで、ドラマ「探偵の探偵」(フジテレビ系)のロケ現場に北川景子(28)から「移動式カフェ」が差し入れられたことを明かした。

 コメント欄には<スゴいですね! ハリウッドですね!><北川さん太っ腹ですね!>と驚きの声が寄せられたが、北川が手配した移動式カフェの価格は、基本料金がコーヒー100杯で5万円からと意外にリーズナブル。芸能界には、さらに上を行くゴージャスな差し入れをする面々がいる。

 女優の米倉涼子(39)についた異名はズバリ、「差し入れ女王」。現場にはメロンや高級焼き肉弁当などを差し入れるほか、高視聴率を出すごとに冷蔵庫やテレビ、自転車、美顔器など、総額数百万円の物品をポケットマネーから贈るという。女王の名に恥じない貫禄だ。

「EXILE」の共演者にはもれなく事務所である株式会社LDHがプロデュースするブランド「24カラッツ」のジャージが贈られる。AKIRA(33)は「GTO」(フジテレビ系)の撮影中、生徒役の出演者に上下名前入りのジャージとTシャツをプレゼント。ビッグダディこと林下清志(50)はバラエティー番組でTAKAHIRO(30)と共演した際、サイズがぴったりのジャージが贈られて驚いたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事