米倉涼子が“バツイチ”再始動へ 秋に「ドクターX」復活見通し

公開日:  更新日:

 結婚生活に未練はさらさらないようだ。先日の映画イベントでは報道陣から離婚に関して集中砲火を浴びて終始、浮かない表情だった米倉涼子(39)が、別人のように明るい表情を見せている。

 13日(日本時間14日)、米ロサンゼルスで、日本版声優を務めた映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(7月4日公開)のワールドプレミアに出席(写真)した米倉はランバンの白いドレスで登場。居並ぶハリウッド女優にも負けない存在感を放っていたという。

 年下夫のモラハラやDVまで囁かれるなど、もはや離婚は不可避の状況。発売中の女性誌では新しいベッド(200万円!)を購入する様子もキャッチされているだけに、一刻も早く結婚生活をリセットしたい気持ちが伝わってくる。

「事務所は新婚の米倉の“妊活”に配慮して仕事を入れていませんでしたが、離婚が決定的になった今、仕事をガンガン入れ始めた。プライベートを考える暇もないくらいに仕事に集中させる方針で、米倉自身がそう望んだそうです。その第1弾として、続編の制作は難しいとされていた主演ドラマ『ドクターX』が秋にも復活する見通し。上戸彩が産休に入る事務所にとっても、キラーコンテンツを求めていたテレビ朝日にとっても離婚は“渡りに船”となりました」(関係者)

“バツイチ”米倉が再始動だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る