日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

俳優・宝田明氏 「反戦がテーマのゴジラを国会で上映したい」

「戦後70年間、なんとか平和を守ってきたのが、いよいよタガが緩んできた。かつて毎朝朝礼で満州から東を見て、まだ見ぬ憧れの祖国に深々と頭を下げた。その国がなぜこんなことになったのか。戦後生まれの安倍首相は、公約に掲げて選挙で勝ったわけでもないのに、たかが閣議決定で集団的自衛権の憲法解釈を変えてしまった。ガラガラと音を立てて、大切な何かが崩壊しつつあると感じます」

 厳しいまなざしで今の日本を憂うのは、波瀾万丈の半生を舞台化し、自ら主演として立つ俳優・宝田明(81)だ。映画出演200本以上。東宝黄金期を支えたスター俳優がこれほど危機感を持つのは、戦中世代として戦争の残酷さを目の当たりにしているからだ。

「当時僕は小学生で旧満州国のハルビンに住んでいましたが、終戦とともにソ連軍がなだれ込んできた。近所の奥さんが襲われているところも目撃したし、それが原因で彼女は精神をおかしくしてしまった。結局戦争というのはね、戦闘員だけでやるわけにはいかないんです。どうしたって無辜の民にまで累が及び、虫けらのように命を落としたりする。戦後生まれの議員には、そこをもう一度勉強し直してもらわないと」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事