「Gメン'75」の藤田三保子さん 今は画家や歌手としても活躍

公開日:  更新日:

 平均視聴率30%以上を記録した昭和の人気アクションドラマ「Gメン’75」。丹波哲郎、夏木陽介、倉田保昭らの男性陣に交じり、ただ1人の女性レギュラーだった藤田三保子(当時は美保子)さん(62歳)。168センチの長身を武器に、男勝りの響圭子刑事役を華麗に演じた。今どうしているのか。

「デビュー作はNHKの朝の連ドラ『鳩子の海』で40%超の視聴率を誇ったんだけど、ヒロインの私よりも、私の幼少期を演じた子役の斎藤こず恵チャンの方が人気出ちゃってねえ。『Gメン’75』はそんなほろ苦い思いの後でつかんだ、私にとっての金字塔よ」

 JR池袋駅に近いカフェで会った藤田さん、まずはこういった。

「Gメン’75」は2年間レギュラー出演した。

「アクションが売り物だったでしょ。真夏でも朝から深夜まで走らされた。睡眠不足で疲労困憊よ。でも、若さがそれを上回って、体調不良に気づかなかったのね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る