「Gメン'75」の藤田三保子さん 今は画家や歌手としても活躍

公開日: 更新日:

 平均視聴率30%以上を記録した昭和の人気アクションドラマ「Gメン’75」。丹波哲郎、夏木陽介、倉田保昭らの男性陣に交じり、ただ1人の女性レギュラーだった藤田三保子(当時は美保子)さん(62歳)。168センチの長身を武器に、男勝りの響圭子刑事役を華麗に演じた。今どうしているのか。

「デビュー作はNHKの朝の連ドラ『鳩子の海』で40%超の視聴率を誇ったんだけど、ヒロインの私よりも、私の幼少期を演じた子役の斎藤こず恵チャンの方が人気出ちゃってねえ。『Gメン’75』はそんなほろ苦い思いの後でつかんだ、私にとっての金字塔よ」

 JR池袋駅に近いカフェで会った藤田さん、まずはこういった。

「Gメン’75」は2年間レギュラー出演した。

「アクションが売り物だったでしょ。真夏でも朝から深夜まで走らされた。睡眠不足で疲労困憊よ。でも、若さがそれを上回って、体調不良に気づかなかったのね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る