豪邸と年収3億円叶えた IKKOの“自己プロデュース力”

公開日: 更新日:

「年収はざっと2億~3億円といわれています。テレビ出演に加え、イベントやトークショー、ディナーショー、さらに美容関連商品プロデュースなど手広く稼いでいる。特に最近は韓国で人気が高く、韓国の化粧品ブランドを日本に紹介する仕事が増えているようです」(芸能ライター)

 売れっ子であり続ける秘訣は、徹底的な気配り。スタッフや共演者に、自筆の手紙つきの差し入れを忘れない。その差し入れも手が込んだしゃれた品物ばかり。それで気分を悪くする人はいない。自然と仕事も回ってきて収入につながるサイクルができあがっている。

 修業の末、30歳でヘアメーキャップアーティストとして独立。多くの女優のメークを手がける売れっ子で、弟子を15人ほど抱えていた。経営者としての才能も開花させた格好だ。

「気配りや料理の才能などで見せるようにオネエ度が高い割に、IKKOの体は完全な男で、何も加工していない。本人もそれは自覚しており“意志の力だけで女になっている”と言う。要するに、自己プロデュース能力が高いんです。自分を美しく見せることや、タレントとしての才能を高く見せる能力は相当なものです」(テレビ関係者)

 ひどいいじられ方をされても、リアクション芸人顔負けの対応ができるのも、自分の役割を熟知している証拠。カネがついてくるのも当然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る