• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“反安倍”歌う「制服向上委員会」のイマドキで真っ当な言い分

「反原発」「反安倍」などをテーマにした過激な曲を披露しているアイドルグループ「制服向上委員会」。最近はコンサート会場の使用許可が取り消されるなどしたため、彼女たちの活動やインタビューが週刊誌や一般紙に取り上げられる機会も増えたが、28日は日本外国特派員協会での会見に臨んだ。

 同委員会が結成されたのは23年前の1992年。メンバーは入れ替わりながら活動を続ける「モーニング娘。」と同じ方式を取っていて、15歳から18歳まで総勢10人が現役だ。会見にはうち4人と、元メンバーで現在は名誉会長の座に就く橋本美香(35)が出席。同委員会を代表し冒頭の挨拶に立った橋本は、安倍政権をこうブッタ斬った。

「日本政府が長年安全といっていた原発事故から4年過ぎても、いまだに収束できていない現実がある。にもかかわらず、日本政府は経済優先で外国に原発を売るため、日本国内で原発を再稼働させようとしています。強行採決した戦争法案もしかり。私たちは子供や未来のため、平和な日本を持続させるためにアクティブに活動していきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る