“反安倍”歌う「制服向上委員会」のイマドキで真っ当な言い分

公開日: 更新日:

「反原発」「反安倍」などをテーマにした過激な曲を披露しているアイドルグループ「制服向上委員会」。最近はコンサート会場の使用許可が取り消されるなどしたため、彼女たちの活動やインタビューが週刊誌や一般紙に取り上げられる機会も増えたが、28日は日本外国特派員協会での会見に臨んだ。

 同委員会が結成されたのは23年前の1992年。メンバーは入れ替わりながら活動を続ける「モーニング娘。」と同じ方式を取っていて、15歳から18歳まで総勢10人が現役だ。会見にはうち4人と、元メンバーで現在は名誉会長の座に就く橋本美香(35)が出席。同委員会を代表し冒頭の挨拶に立った橋本は、安倍政権をこうブッタ斬った。

「日本政府が長年安全といっていた原発事故から4年過ぎても、いまだに収束できていない現実がある。にもかかわらず、日本政府は経済優先で外国に原発を売るため、日本国内で原発を再稼働させようとしています。強行採決した戦争法案もしかり。私たちは子供や未来のため、平和な日本を持続させるためにアクティブに活動していきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  10. 9

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る