日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“反安倍”歌う「制服向上委員会」のイマドキで真っ当な言い分

「反原発」「反安倍」などをテーマにした過激な曲を披露しているアイドルグループ「制服向上委員会」。最近はコンサート会場の使用許可が取り消されるなどしたため、彼女たちの活動やインタビューが週刊誌や一般紙に取り上げられる機会も増えたが、28日は日本外国特派員協会での会見に臨んだ。

 同委員会が結成されたのは23年前の1992年。メンバーは入れ替わりながら活動を続ける「モーニング娘。」と同じ方式を取っていて、15歳から18歳まで総勢10人が現役だ。会見にはうち4人と、元メンバーで現在は名誉会長の座に就く橋本美香(35)が出席。同委員会を代表し冒頭の挨拶に立った橋本は、安倍政権をこうブッタ斬った。

「日本政府が長年安全といっていた原発事故から4年過ぎても、いまだに収束できていない現実がある。にもかかわらず、日本政府は経済優先で外国に原発を売るため、日本国内で原発を再稼働させようとしています。強行採決した戦争法案もしかり。私たちは子供や未来のため、平和な日本を持続させるためにアクティブに活動していきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事