“反安倍”歌う「制服向上委員会」のイマドキで真っ当な言い分

公開日:  更新日:

「反原発」「反安倍」などをテーマにした過激な曲を披露しているアイドルグループ「制服向上委員会」。最近はコンサート会場の使用許可が取り消されるなどしたため、彼女たちの活動やインタビューが週刊誌や一般紙に取り上げられる機会も増えたが、28日は日本外国特派員協会での会見に臨んだ。

 同委員会が結成されたのは23年前の1992年。メンバーは入れ替わりながら活動を続ける「モーニング娘。」と同じ方式を取っていて、15歳から18歳まで総勢10人が現役だ。会見にはうち4人と、元メンバーで現在は名誉会長の座に就く橋本美香(35)が出席。同委員会を代表し冒頭の挨拶に立った橋本は、安倍政権をこうブッタ斬った。

「日本政府が長年安全といっていた原発事故から4年過ぎても、いまだに収束できていない現実がある。にもかかわらず、日本政府は経済優先で外国に原発を売るため、日本国内で原発を再稼働させようとしています。強行採決した戦争法案もしかり。私たちは子供や未来のため、平和な日本を持続させるためにアクティブに活動していきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る