「明るい安村」でまた人気 あの“裸芸人”は今どうしているのか

公開日:  更新日:

連載コラム【桧山珠美 あれもこれも言わせて】

 連日の猛暑にもうぐったり。こんな日は真っ裸で過ごしたいが、宅配便のお兄ちゃんに鼻血を出されても困るので、できるだけ布の少ない服を着て我慢している。

 そんな時、テレビに出ている裸芸人を見ると心底羨ましく思えてしまう。最近だと「とにかく明るい安村」。パンツ一丁で全裸に見えるポーズを披露し、「安心してください。はいてますよ」とやるピン芸人だ。ポーズのパターンも限られており、一発屋のにおいもプンプンするが、暑さで頭がボーッとしているせいか、何度見ても笑ってしまう。でもって、風呂上がりに鏡の前でこっそりマネしてみる自分が怖い。

 とにかく暑苦しい夏にテレビの中の裸芸人たちの姿は一服の清涼剤のようにも思えてくる。そういえば、歴代の裸芸人は今どうしているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る