大学で教鞭とる映画監督・大森一樹氏 “映画青年”の激減嘆く

公開日:  更新日:

 35年前、医大生たちを描いた青春映画「ヒポクラテスたち」を演出し、話題となった大森一樹監督(63)。その後も斉藤由貴や吉川晃司が主演の青春映画やゴジラ映画が好評を得た。しかし、最近は名前を聞く機会が減った。今どうしているのか。

 会ったのは大阪は地下鉄天王寺駅そばの天王寺都ホテル1階の喫茶・ロビーラウンジ。

「もともとこっちの人間だし、東京を拠点にしたことはないんですよ。打ち合わせや撮影で必要に応じて東京に出て行く、って感じで。大阪で生まれ、小学校5年から芦屋で育ちました」

 大森監督、まずはこう言った。差し出された名刺には「大阪芸術大学芸術学部映像学科教授 学科長」とある。

「2000年から大阪電気通信大学で週1回教え始め、大阪芸大は05年から。2年目から学科長になって、学科をプロデュースする“学科の監督”みたいな仕事がメーンです。先生たちと交渉したり、カリキュラムを作ったり。授業もときどきやりますよ。週4日、芦屋から1時間半くらいかけて南河内にある大学に通い、授業は週10コマくらいかなあ。今の映画界、けっこう大阪芸大出身者が活躍しているんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る