大学で教鞭とる映画監督・大森一樹氏 “映画青年”の激減嘆く

公開日: 更新日:

 35年前、医大生たちを描いた青春映画「ヒポクラテスたち」を演出し、話題となった大森一樹監督(63)。その後も斉藤由貴吉川晃司が主演の青春映画やゴジラ映画が好評を得た。しかし、最近は名前を聞く機会が減った。今どうしているのか。

 会ったのは大阪は地下鉄天王寺駅そばの天王寺都ホテル1階の喫茶・ロビーラウンジ。

「もともとこっちの人間だし、東京を拠点にしたことはないんですよ。打ち合わせや撮影で必要に応じて東京に出て行く、って感じで。大阪で生まれ、小学校5年から芦屋で育ちました」

 大森監督、まずはこう言った。差し出された名刺には「大阪芸術大学芸術学部映像学科教授 学科長」とある。

「2000年から大阪電気通信大学で週1回教え始め、大阪芸大は05年から。2年目から学科長になって、学科をプロデュースする“学科の監督”みたいな仕事がメーンです。先生たちと交渉したり、カリキュラムを作ったり。授業もときどきやりますよ。週4日、芦屋から1時間半くらいかけて南河内にある大学に通い、授業は週10コマくらいかなあ。今の映画界、けっこう大阪芸大出身者が活躍しているんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

もっと見る