• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日テレ顔で野球好き…山岸舞彩後任・久野静香アナの期待値

 超セレブな寿降板(&芸能界引退)を遂げる山岸舞彩(28)の後任キャスターは結局、局アナに落ち着くようである。「NEWS ZERO」(日本テレビ系)の話。27日発売の「週刊文春」が現在、同番組の金曜キャスターを務めている入社4年目のアナウンサー、久野静香(26)の“スライド昇格”を報じている。

 後任の候補者には山岸と同じ事務所のよしみで、皆藤愛子(31)や小林麻耶(36)の名前も挙がっていたが、経費削減の嵐が吹き荒れるテレビ業界だ。目先の話題やサプライズに固執せず、出演料が発生しない社員を起用することで、財布の紐をキュッと締め直したというわけだろう。

 もっとも、内部昇格とはいえ、大役を任される久野の手腕は期待できるところ。エースの水卜麻美(28)ほど知名度はないが、どことな~く馬場典子(41)を彷彿とさせる“日テレ顔”で愛嬌のある優等生といった雰囲気は、平日夜の情報番組向きともいえそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る