日テレ顔で野球好き…山岸舞彩後任・久野静香アナの期待値

公開日:  更新日:

 超セレブな寿降板(&芸能界引退)を遂げる山岸舞彩(28)の後任キャスターは結局、局アナに落ち着くようである。「NEWS ZERO」(日本テレビ系)の話。27日発売の「週刊文春」が現在、同番組の金曜キャスターを務めている入社4年目のアナウンサー、久野静香(26)の“スライド昇格”を報じている。

 後任の候補者には山岸と同じ事務所のよしみで、皆藤愛子(31)や小林麻耶(36)の名前も挙がっていたが、経費削減の嵐が吹き荒れるテレビ業界だ。目先の話題やサプライズに固執せず、出演料が発生しない社員を起用することで、財布の紐をキュッと締め直したというわけだろう。

 もっとも、内部昇格とはいえ、大役を任される久野の手腕は期待できるところ。エースの水卜麻美(28)ほど知名度はないが、どことな~く馬場典子(41)を彷彿とさせる“日テレ顔”で愛嬌のある優等生といった雰囲気は、平日夜の情報番組向きともいえそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る