夏目三久と明暗 西尾由佳理「地上波レギュラー」ゼロの窮地

公開日:  更新日:

 テレビ界は秋の改編の話題で盛り上がっているが、“秋風”をひしひしと感じているのは日本テレビのアナウンサーだった西尾由佳理(38)だろう。同じ元日テレの夏目三久(31)と比べるとその差が歴然だ。

 西尾のレギュラーはフジテレビ系「世界HOTジャーナル」とBS日テレの「アスリートの輝石」の2本。しかし、「世界――」は8月7日の放送後は「ダウンタウンなうSP」や「ワールドカップバレー」などが続き、次週11日もまた「ダウンタウンなうSP」で、尻切れトンボのように打ち切られることになった。

 これで地上波のレギュラーはゼロ。

「先細りの西尾は古巣の日テレ関係者にアプローチし、意欲満々なところをアピールしていた。実際、『NEWS ZERO』のMCを山岸舞彩が降りたことで西尾が後釜に座るのではという話も流れました。結局は局アナの久野静香に決まってしまい、残念な結果になりました」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る