• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

福山に陽水も? 紅白司会タモリ内定で「九州人脈」フル活用

 大晦日のNHK紅白歌合戦の総合司会にタモリ(70)が内定したと報じられ話題になっている。タモリは1983年にも司会を務めた経験があり、実現すれば32年ぶり2度目。現在、第4シリーズが放送されている「ブラタモリ」など老若男女を問わず人気があり、NHKへの貢献度も高いだけに一年を締めくくる芸能界の最大行事の司会者は適任といえるだろう。

 白組司会はV6の井ノ原快彦、紅組司会は同局の有働由美子アナという「あさイチ」コンビが有力視されているが、実はNHKがタモリに総合司会をオファーするにあたっては“下心”もあるという。

「実は今年はヒット曲がまったくない一年で、一昨年のあまちゃんや昨年のアナ雪のような企画コーナーもなし。中森明菜のような隠し玉もなく、NHKは頭を抱えていた。そこで多くのミュージシャン、アーティストと親交が深いタモリの人脈に頼りたいのが本音。タモリの依頼なら出演を断らない“大物”も多いからです」(NHK関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る