日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

福山に陽水も? 紅白司会タモリ内定で「九州人脈」フル活用

 大晦日のNHK紅白歌合戦の総合司会にタモリ(70)が内定したと報じられ話題になっている。タモリは1983年にも司会を務めた経験があり、実現すれば32年ぶり2度目。現在、第4シリーズが放送されている「ブラタモリ」など老若男女を問わず人気があり、NHKへの貢献度も高いだけに一年を締めくくる芸能界の最大行事の司会者は適任といえるだろう。

 白組司会はV6の井ノ原快彦、紅組司会は同局の有働由美子アナという「あさイチ」コンビが有力視されているが、実はNHKがタモリに総合司会をオファーするにあたっては“下心”もあるという。

「実は今年はヒット曲がまったくない一年で、一昨年のあまちゃんや昨年のアナ雪のような企画コーナーもなし。中森明菜のような隠し玉もなく、NHKは頭を抱えていた。そこで多くのミュージシャン、アーティストと親交が深いタモリの人脈に頼りたいのが本音。タモリの依頼なら出演を断らない“大物”も多いからです」(NHK関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事