日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ぶりっ子アナも30代 皆藤愛子がたどる「第二の小林麻耶」の道

 フリーアナウンサーの皆藤愛子(31)が9日、東京駅で行われた滋賀県の「虹予報」発表会に登場した。「めったに見られないものですし、(自分にも)幸せに向けた虹がかかるといいなと思っております」と話した皆藤は、相次ぐ芸能人の結婚報道を受けて、「ぜひあやかりたい!」と自身の恋愛に期待を込めた。
 
 ところが、具体的なエピソードについて報道陣が追及しようとすると、途端にのらりくらり。最近あったハッピーな出来事は「お昼に焼肉弁当を食べたこと」、幸せを感じる瞬間は「おうちで犬とゴロゴロしているとき」と語るなど、真偽はともかく、まるで色気なし。その上、自宅ではもっぱら体形維持のため「縄跳びとフラフープに凝っている」というから、皆藤の口から艶っぽい発言が飛び出すことを期待していた報道陣はガッカリだった。

 皆藤は今年3月、「めざましテレビ アクア」(フジテレビ系)の降板をもって、10年間出演してきた「めざましファミリー」を卒業。4月にはBS―TBSのビジネス生番組「週刊報道Bizストリート」のキャスターに抜擢され、“朝の顔”から“夜の顔”に転身を遂げた。一般人と生活リズムの異なる「めざまし」に出演しているから恋愛できないのでは? と一部でささやかれたこともあるが、その「めざまし」を外れて約半年、そろそろ浮いた話のひとつやふたつが出てきてもいい時期。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事