• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ぶりっ子アナも30代 皆藤愛子がたどる「第二の小林麻耶」の道

投稿日:  更新日:

 フリーアナウンサーの皆藤愛子(31)が9日、東京駅で行われた滋賀県の「虹予報」発表会に登場した。「めったに見られないものですし、(自分にも)幸せに向けた虹がかかるといいなと思っております」と話した皆藤は、相次ぐ芸能人の結婚報道を受けて、「ぜひあやかりたい!」と自身の恋愛に期待を込めた。
 
 ところが、具体的なエピソードについて報道陣が追及しようとすると、途端にのらりくらり。最近あったハッピーな出来事は「お昼に焼肉弁当を食べたこと」、幸せを感じる瞬間は「おうちで犬とゴロゴロしているとき」と語るなど、真偽はともかく、まるで色気なし。その上、自宅ではもっぱら体形維持のため「縄跳びとフラフープに凝っている」というから、皆藤の口から艶っぽい発言が飛び出すことを期待していた報道陣はガッカリだった。

 皆藤は今年3月、「めざましテレビ アクア」(フジテレビ系)の降板をもって、10年間出演してきた「めざましファミリー」を卒業。4月にはBS―TBSのビジネス生番組「週刊報道Bizストリート」のキャスターに抜擢され、“朝の顔”から“夜の顔”に転身を遂げた。一般人と生活リズムの異なる「めざまし」に出演しているから恋愛できないのでは? と一部でささやかれたこともあるが、その「めざまし」を外れて約半年、そろそろ浮いた話のひとつやふたつが出てきてもいい時期。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る