つんく♂声帯全摘後の“サプライズ”初舞台 クミコの歌に涙

公開日: 更新日:

 喉頭がんのため声帯を全摘出した音楽プロデューサーのつんく♂(46)が9日、東京・目白の学習院大学百周年記念会館で行われた日本子守唄協会主催のコンサートにゲスト出演。つんく♂の出演は事前に知らされていなかったため、姿を見せると客席がわいた。

 自身が作曲した子守唄「うまれてきてくれて ありがとう」を歌手クミコ(61)が歌った際、背後で一緒に口ずさみながら涙を流した。ステージではジェスチャーで感情を表現するとともに、スマホにメッセージを打ち込み、クミコと会話する場面もあった。

 つんく♂がステージに立つのは今年4月、近大入学式で声を失ったことを告白して以降、初めて。終演後「僕もこうやって命を残していただいたので、少しでも世の中のお役に立ちたいし、楽しい人生を歩んでいかなければなと思いました」などと文書でコメントを発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  3. 3

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  6. 6

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  7. 7

    菅首相「経済再開」一本やりで“GoToツインデミック”一直線

  8. 8

    江戸川“叩き上げ”区長の決断力 またも独自コロナ対策発表

  9. 9

    東京五輪100m金候補がドーピング違反 瀬戸越えの痛手に

  10. 10

    市民は反対票を「大阪都構想」維新は何度でも仕掛けてくる

もっと見る