• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

つんく♂声帯全摘後の“サプライズ”初舞台 クミコの歌に涙

 喉頭がんのため声帯を全摘出した音楽プロデューサーのつんく♂(46)が9日、東京・目白の学習院大学百周年記念会館で行われた日本子守唄協会主催のコンサートにゲスト出演。つんく♂の出演は事前に知らされていなかったため、姿を見せると客席がわいた。

 自身が作曲した子守唄「うまれてきてくれて ありがとう」を歌手クミコ(61)が歌った際、背後で一緒に口ずさみながら涙を流した。ステージではジェスチャーで感情を表現するとともに、スマホにメッセージを打ち込み、クミコと会話する場面もあった。

 つんく♂がステージに立つのは今年4月、近大入学式で声を失ったことを告白して以降、初めて。終演後「僕もこうやって命を残していただいたので、少しでも世の中のお役に立ちたいし、楽しい人生を歩んでいかなければなと思いました」などと文書でコメントを発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る