つんく♂声帯全摘後の“サプライズ”初舞台 クミコの歌に涙

公開日: 更新日:

 喉頭がんのため声帯を全摘出した音楽プロデューサーのつんく♂(46)が9日、東京・目白の学習院大学百周年記念会館で行われた日本子守唄協会主催のコンサートにゲスト出演。つんく♂の出演は事前に知らされていなかったため、姿を見せると客席がわいた。

 自身が作曲した子守唄「うまれてきてくれて ありがとう」を歌手クミコ(61)が歌った際、背後で一緒に口ずさみながら涙を流した。ステージではジェスチャーで感情を表現するとともに、スマホにメッセージを打ち込み、クミコと会話する場面もあった。

 つんく♂がステージに立つのは今年4月、近大入学式で声を失ったことを告白して以降、初めて。終演後「僕もこうやって命を残していただいたので、少しでも世の中のお役に立ちたいし、楽しい人生を歩んでいかなければなと思いました」などと文書でコメントを発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る