厚切りジェイソンも疑問符 「手書き履歴書」専門家の意見は?

公開日: 更新日:

 新卒採用の就職活動が「超短期決戦」スケジュールに変更された今年。入社試験ラッシュはそろそろ落ち着き、「内定」の2文字に安堵している学生も多いことだろう。そんな中、芸人の厚切りジェイソン(29)が日本の就職試験では常識ともいえる慣習について問題提起して話題になっている。それは「履歴書」についてだ。

 自身のツイッター上で「就活の履歴書で、最後の一文字でも間違えたら書き直し。修正テープはNGがマナー。最後ぐらい許してと思うのですが」という書き込みに、「手書きは効率悪いよね。もうこの時代で電子データでいいはず。アメリカで手書き履歴書は聞いたことない。だってメリットないダロウ」と一刀両断したのだ。

 厚切りはアメリカ人ながら日本語はペラペラ。芸歴2年目の“若手”ながら、今年の「R-1ぐらんぷり」で決勝に進出。日本の漢字や言葉に対する疑問を引き合いに「Why Japanese people!?」と言ってキレるネタでブレークした。普段はITベンチャー企業の役員という顔を持つことでも知られている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  6. 6

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る