カトパン残留確定? 民放「女子アナカレンダー」に透ける思惑

公開日:  更新日:

 日本テレビを除く民放各局の女子アナカレンダーが出揃った。

 関係者によれば「1月が表エース、12月が裏エース」ということで、まずは各局の1月と12月の登場アナを並べてみると、TBSは吉田明世(1月=27)、林みなほ(12月=25、以下同)、フジテレビは加藤綾子(30)、大島由香里(31)、テレビ朝日は加藤真輝子(30)と本間智恵(29)、小川彩佳(30)、テレビ東京が紺野あさ美(28)、森本智子(38)という具合。フジのみが前年と同じラインアップで、他局は全員入れ替わっている。そんな中で最も注目されているのが「ポスト田中みな実」の呼び声が高いTBSの林だ。女子アナ評論家の高島恒雄氏が言う。

「入社4年目ながら大トリ、しかも、前年は『ニュース23』スポーツキャスターの古谷有美(27)ですから、局側の期待が伝わってきます。出演する『白熱ライブ・ビビット』では大食いキャラで売り出し中で“激太り”も噂されている。おそらく日テレの水トちゃんを意識したキャラづくりで、主婦層を取り込む作戦でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る