• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「今年は例年より難航」…選考委員に聞いた“流行語大賞の裏側”

 今年流行した言葉を決める「2015ユーキャン新語・流行語大賞」が、あす(12月1日)発表される。1984年のスタートから今年で32回目。いまや国民的イベントとして注目を集めているが、流行語大賞はどのような過程を経て選ばれるのか。選考委員の一人「現代用語の基礎知識」の清水均編集長に“流行語大賞の裏側”を聞いた――。

■「今年はエンタメ系が弱い」

 10日に発表された今年の候補語50語。「なるほど」と思うものから「なぜ?」といった疑問まで世間の反応はさまざまだが、ズバリ、今年の流行語の感触は?

「今年はエンターテインメント系が弱い印象を受けますね。昨年は、大賞を取った『ダメよ~ダメダメ』などお笑い以外にも『妖怪ウォッチ』『アナ雪』などがあったが、今年は少し物足りない。候補に入った『マイナンバー』『ドローン』『下流老人』など、そんなに楽しい言葉ではないですけれども、エンタメ系で大きなヒットが少ない分、政治・社会系の言葉が目立つことになった。そんな中、思いがけない展開で、奇跡を起こしたのが“ラグビー”です。9月までは日本中がこんなにラグビー好きになるとは思いもしないことでした。五郎丸様様です(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る