「今年は例年より難航」…選考委員に聞いた“流行語大賞の裏側”

公開日:  更新日:

 今年流行した言葉を決める「2015ユーキャン新語・流行語大賞」が、あす(12月1日)発表される。1984年のスタートから今年で32回目。いまや国民的イベントとして注目を集めているが、流行語大賞はどのような過程を経て選ばれるのか。選考委員の一人「現代用語の基礎知識」の清水均編集長に“流行語大賞の裏側”を聞いた――。

■「今年はエンタメ系が弱い」

 10日に発表された今年の候補語50語。「なるほど」と思うものから「なぜ?」といった疑問まで世間の反応はさまざまだが、ズバリ、今年の流行語の感触は?

「今年はエンターテインメント系が弱い印象を受けますね。昨年は、大賞を取った『ダメよ~ダメダメ』などお笑い以外にも『妖怪ウォッチ』『アナ雪』などがあったが、今年は少し物足りない。候補に入った『マイナンバー』『ドローン』『下流老人』など、そんなに楽しい言葉ではないですけれども、エンタメ系で大きなヒットが少ない分、政治・社会系の言葉が目立つことになった。そんな中、思いがけない展開で、奇跡を起こしたのが“ラグビー”です。9月までは日本中がこんなにラグビー好きになるとは思いもしないことでした。五郎丸様様です(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る