流行語大賞に なぜ「ダメよ~ダメダメ」は大ヒットしたのか

公開日:  更新日:

 今年最もブレークした若手芸人といえば、日本エレキテル連合の2人しか考えられない。白塗りメークの朱美ちゃん3号というキャラクターが何度も繰り返す「ダメよ~、ダメダメ」のフレーズは流行語になった。今年のハロウィーンでは、渋谷の街に朱美ちゃんのコスプレをする若者が大勢集まっていた。年末にもあちこちの忘年会でこのネタを披露する人が出没しそうだ。

 大ヒットした理由は、決めフレーズの面白さと見た目のインパクトだ。日本エレキテル連合は、衣装、小道具、メークなどのディテールに徹底的にこだわっている。使うかどうかも分からない大量の衣装と小道具を家にため込んでいる。その衣装やカツラからイメージを膨らませてキャラクターを作り上げていくこともあるという。すでに100種類以上のキャラクターがあり、朱美ちゃんはそのひとつにすぎない。

 彼女たちのネタの隠し味になっているのは、タブーに触れる背徳的な魅力だ。実際、朱美ちゃんのあのコントも、話の筋を冷静にたどってみると、自分で買った女性のロボットを必死に口説く中年男性のドロドロした性欲と底なしの悲哀が感じられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る