流行語大賞に なぜ「ダメよ~ダメダメ」は大ヒットしたのか

公開日: 更新日:

 今年最もブレークした若手芸人といえば、日本エレキテル連合の2人しか考えられない。白塗りメークの朱美ちゃん3号というキャラクターが何度も繰り返す「ダメよ~、ダメダメ」のフレーズは流行語になった。今年のハロウィーンでは、渋谷の街に朱美ちゃんのコスプレをする若者が大勢集まっていた。年末にもあちこちの忘年会でこのネタを披露する人が出没しそうだ。

 大ヒットした理由は、決めフレーズの面白さと見た目のインパクトだ。日本エレキテル連合は、衣装、小道具、メークなどのディテールに徹底的にこだわっている。使うかどうかも分からない大量の衣装と小道具を家にため込んでいる。その衣装やカツラからイメージを膨らませてキャラクターを作り上げていくこともあるという。すでに100種類以上のキャラクターがあり、朱美ちゃんはそのひとつにすぎない。

 彼女たちのネタの隠し味になっているのは、タブーに触れる背徳的な魅力だ。実際、朱美ちゃんのあのコントも、話の筋を冷静にたどってみると、自分で買った女性のロボットを必死に口説く中年男性のドロドロした性欲と底なしの悲哀が感じられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る