批評家も太鼓判「ロッキー」シリーズ最新作は泣ける1本

公開日:  更新日:

 今年2015年の洋画界は「マッドマックス」や「ターミネーター」「007」など、40代以上の世代にはたまらない人気シリーズの新作やリブートが目白押しだった。

 その大トリが「スター・ウォーズ」というわけだが、大々的に繰り広げられているその宣伝の陰で、じわじわと評判を高めているのが「クリード チャンプを継ぐ男」。タイトルからはわかりにくいが、あのロッキーシリーズの新章で、正統なる続編だ。

 ボクシング界を引退し、ひとり細々とレストランを経営するロッキーの前に、ライバルにして親友アポロ・クリードの息子を名乗る青年アドニスが「コーチしてくれ」とやってくる。リングに散った父アポロと同じ運命をたどらせたくない義母はボクシングに猛反対、そんないわくつきのアドニスを引き受けるコーチなど一人もいなかった。それでもアドニスはプロボクサーになる夢をかなえるため勘当同然で家を飛び出し、最後のよすがとしてロッキーを訪ねてきたのだった――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る