「劇場霊」中田秀夫監督が語る 島崎遥香に“ホラー女優”の資質

公開日:  更新日:

 前田敦子主演の「クロユリ団地」(2013年)をヒットさせた中田秀夫監督が、最新作「劇場霊」では“ぱるる”こと島崎遥香を主演に再び本格的な恐怖映画を作り上げた。「リング」「女優霊」などで海外にJホラーブームを巻き起こした巨匠が、理想の絶叫クイーンや日米映画界の違いについて語ってくれた。

「島崎遥香さんはAKBメンバー全員の中からオーディションで選びました。まだ二十歳そこそこのアイドルでイベントなんかじゃ塩対応なんて言われてますが、要は自分に正直で言いたいことを言える性格なんです。仕事には真摯に向き合うし、監督、主演女優としては凄くウマが合った。ただ『クロユリ団地』の前田敦子さんは演技経験豊富だったので合間に軽口を叩いたりしましたが、映画初主演の島崎さんとはあえてなれ合いはせず、共演者とも和むなと言いました。人間関係が演技に影響するといけないので」

 島崎演じる売り出し中の新人舞台女優は、ようやくつかんだ大舞台の稽古中、小道具の人形が動き出すのを目撃。不吉な死亡事故の原因がそこにあると確信するが、やがてその人形の呪いの標的になってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る